社内コミュニケーションにも効果があるケータリング

ケータリングを利用して、社内のコミュニケーションを増やしていきましょう。 - 社内コミュニケーションにも効果があるケータリング

社内コミュニケーションにも効果があるケータリング

日本ではあまり浸透していない印象がありますがケータリングと言うものをご存知でしょうか。
東京でも多く利用されているもので、特にパーティーなどの人が集まる場で、料理人が出張サービスを行うことを言います。
代表的なものでは板前さんの出張サービスがあります。
ケータリングは例えば、社内でのコミュニケーションを円滑にするためにも利用されていて、企業側が有名料理店などに依頼することがあります。
なぜ社内のコミュニケーションの円滑化にも利用されているのでしょうか。

ケータリングは目的やシーンに応じて使い分けることが出来ます

u8ir
ケータリングはデリバリーとは違って、料理を届けておしまいではないものです。
会場のテーブルセッティングから最終的なサービスまで、食事に関する事柄のトータルサポートをしてくれるものです。
そのため、気軽なホームパーティーから、企業のイベント会場などに至るまでさまざまな目的やシーンで活用出来るものです。
これがどのような目的やシーンだとしても、デリバリーのように料理だけが届いておしまいよりも、料理に関するサポートあるとなれば、その場にいる人からの印象も変わってきます。

社内コミュニケーションの円滑化にも利用されています

例えば普段デスクワークばかりをしている、営業でほとんど企業内にいない、企業によってはさまざまな働き方があり、人間関係も薄かったり、濃すぎてトラブルやストレスがある場合も考えられます。
そんな社員の息抜きも兼ねて、社内イベントがあったとしたら、その場にケータリングを利用することによってワンランクも、ツーランクにアップしたイベントを行うことが出来ます。
普段薄い人間関係の企業でも、食事を通じて何らかの会話が生まれるでしょうし、サービスの内容についても議論があるかもしれません。
逆に濃すぎる職場では、普段のストレスを忘れて、美味しい出来立ての食事に舌鼓を打つ、なんてことも考えられます。
ケータリングのサービスそのものがあることで、会話を含めてコミュニケーションが発生することがほとんどなので、それを有効利用する企業が増えていると言われています。

ケータリングなら準備と後片付けの心配がない

社内のイベントなら、当日だけ業務から解放されて、翌日からは通常営業と言うことも珍しくありません。
社員の誰かが幹事となってイベントを行った場合、幹事は前日、当日、翌日と少なくとも3日間は負担が大きくなります。
そこでケータリングを利用した場合を考えると、会場の準備から、当日のサービスの全て、翌日までにはきれいに後片付けもしてもらえる、と言うメリットがあります。
幹事に抜擢された社員の負担も驚くほどに軽減されることが考えられます。

イベントやパーティーでは料理が大切

企業のイベントやパーティーと言っても、その場に集まる性別や年齢層によっては、料理の内容も違いが出てきます。
それらを素人の幹事が全て1人か2人くらいでこなそうとするのは至難の業です。
専門業者であるケータリングにお任せしておけば、要望に柔軟かつ誠実に対応してくれるはずですし、費用の面でも相談することが出来ます。
年齢層によって和食を中心としつつも、ワインが好きな人が多いからそれに合うおつまみ類も用意したい、そんなことにも対応してもらうことが出来ます。
イベントなどで良くありがちなドリンク切れなどの心配もしなくて良くなりますし、イベントやパーティーに関して成功を収めることが出来ます。

東京でケータリングをお探しの方へ
■http://www.sankeikaikan.co.jp/catering/

Copyright(C)2016 社内コミュニケーションにも効果があるケータリング All Rights Reserved.